守谷歯科医院(一般歯科・小児歯科)

歯周病治療

働きざかりはお口の曲がり角!!
40歳以上の人が歯を失う原因の大部分は歯周病です。

 

歯周病とは

歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が 歯周病菌によって破壊されていく感染症で、放置すると悪化して最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病と深く関係する体の病気

歯周病菌が口腔内から体内をめぐることで、様々な全身疾患を
引き起こすことがあります。
歯周病
歯周病は、自覚症状が出にくく、手遅れになってしまうことも
あります。
チェックリストに当てはまる項目があれば、早めに受診しましょう。

 

歯周病チックリスト

□歯ぐきの色が紫または赤黒い。
□歯の表面がネバネバする。
□歯石が付いている。
□口臭が強くなった。
□歯の隙間にものがよくはさまる。
□歯ぐきから出血することがある。
□ときどき歯ぐきが腫れて痛む。
□歯が動く感じがする。

 

 

 

歯肉炎(G)
歯肉炎(G)

歯肉炎(G)

<症状>
  • 歯肉炎と言われ、歯ぐきの病気です。
  • 支える骨のトラブルは殆どありません。
<治療方法>
  • 丁寧できちんとしたお口の清掃で健康管理ができるでしょう。
軽度歯周病(P1)
軽度歯周病(P1)

軽度歯周病(P1)

<症状>
  • 軽い初期の状態です。
  • 骨の崩れも殆ど無いようです。
<治療方法>
  • 歯垢・歯石をきれいに取って、定期的な管理をすれば良いでしょう。。
中度歯周病(P2)

中度歯周病(P2)

<症状>
  • 歯周ポケットができています。
  • 支えている骨も崩れ始めています。
<治療方法>
  • お口の中の徹底的な清掃をし、私たちスタッフと共に継続的管理をしましょう。

shishuup2

重度歯周病(P3)
重度歯周病(P3)

重度歯周病(P3)

<症状>
  • 歯周ポケットが深く、自覚症状も現れ、骨にもダメージが出ています。
<治療方法>
  • 徹底的な清掃は勿論、時として外科的な治療も必要になることがあります。

shishuup3