守谷歯科医院(一般歯科・小児歯科)

虫歯治療

虫歯の進行と治療について

m1

C1の症状

<症状>
  • 歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。
  • 痛みはあまり感じませんが歯の表面が白くにごっていたり、茶色などに着色してザラついていたりします。まだ穴になっていません。
<治療方法>
  • 削る治療の必要無い場合もありますが、きちんとした予防管理が重要です。
C2の症状

C2の症状

<症状>
  • 象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。☆冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。
<治療方法>
  • 虫歯の部分を削って、詰め物の治療が必要です。
C3の症状

C3の症状

<症状>
  • むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達したむし歯です。炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。
<治療方法>
  • 多くの場合、歯の神経を取ったり、歯の根の消毒治療が必要となります。
C4の症状

C4の症状

<症状>
  • 歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、さらに歯周病へと進んでいきます。
<治療方法>
  • 殆どの場合、歯を抜いてブリッジや入れ歯の治療が必要となります。